古燈火春秋

 江戸の暮らしを照らし出した素朴な明かり道具の数々。
それらの道具が醸す明かりはせいぜい5ワット程のとても
暗いものでした。
妻の顔の黒子でさえ体温が感じられるほどに近づいてよう
やくが判別できたぐらいでしたから。

 江戸のあかりは小さく求心的に収束し、現代のあかりは
広く遠心的に拡散します。このことは人と人とあるいは人
と物のかかわり方の違いを示唆しているようです。まるで
囲炉裏端に家族が寄り集まってすごした昔と家族が遠くに
離散して絆がちぎれた現代に似ているとも言えないでしょ
うか。

 ここに集った道具にはそれぞれに先人の様々な工夫が込
められています。 でも貴重な油を倹約する心構えから決
してより明るくするという意図は感じられません。
センサーが反応することで簡単に点灯できる今日では想像
できない程当時は点灯と維持に手間がかかっていたので
す。そしてこれが様々な工夫を生んだようです。

 何れもが豆電球ほどのあかり道具たち。現代人にしてみ
れば凡そ利便性には程遠いものに違いありませんが、かえ
って時がゆったりと流れる江戸の暮らしぶりがしのばれま
す。

 そんな夜の明かりのもとで江戸人はいったい何を見、何
を想い、何を語ったのでしょうか。

 貴方の知らない江戸の夜をじっくり味わってみませんか。
  

               行灯居士敬白















































                                                                                                     
  戻る

2002 (c) The world of the forgotten hard-boiled novels